精錬技術

「アルミ材を例に」

外国産のアルミ材は安いのでついつい手を出して痛い目に合う場合がございます。

板金加工の曲げ工程(ベンディング)では「亀裂」「割れ」が出ます。

「不純物が多い」からと思いますが、

「亀裂」や「割れ」が発生しなくても、2次処理で不具合が発生する事も御座います。

2次処理の前工程で「酸洗い」が含まれる場合、国産アルミ材と比較すると

材料の焼け具合(変色)やムラが発生して、「外観検査」でNGとなります。

材料寸法もやけにマイナスしている場合もあります。(t2.0→t1.8等)

精錬技術は簡単にパクれる物ではありません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>